賃貸GUIDE

賃貸退去時の注意点

賃貸物件を退居するときには、部屋のチェックをされます。そのときに、傷がついていたりすると敷金から修繕費を引かれることになるので注意が必要です。できるだけたくさんの敷金を返してもらおうと思うなら、部屋はきれいに使う必要があるでしょう。とくに注意すべき点は、カビ汚れです。カビ汚れについては自然損耗だという抗弁が効きにくいですから、カビは生えないように努力することが大切になります。 トラブルを防ぐためには、入居時に部屋の写真を取っておくのが大切です。大きな傷があるなら、大家さんと一緒にその部分の写真を撮影して、退去時に自分がつけたのではないと抗弁をする材料として利用しましょう。そうしておくことで、退去時に無駄な費用を払わなくて済みます。敷金返還についての問題は、よく裁判になることですから、特段の注意が必要です。 退去時には荷物を忘れていかないというのも重要な点になります。いらないものを残していってもいけませんから、引越し業者に引き取ってもらったり、廃品回収業者を利用して引き取ってもらうのがベストです。大切なものを忘れていってしまうと、すぐに次の入居者が現れた場合などには二度と戻ってこない可能性まであります。

お勧めのページ